ミニ四駆レーサー鉄のくだらない小説置き場@ヒカリアン命

ぼく、ミニ四駆レーサー鉄が書いたどうでもいい小説を投稿するブログ。必ずヒカリアンが乱入します

プロローグ

広大な宇宙空間、上も下も存在しないその場所に、2つの宇宙船が飛んでいた
前方にいるのは、紫色の平たい船
その後ろからずっと大きな白と青の船がサイレンカーのように上部のパーツを光らせながら追跡している
『前の宇宙船、速度を下げ大人しくしなさい!』
後方の巨大宇宙船が、無線や光による暗号などを使い前方の船へと伝えるが、前の船はそれを無視し、一層速度を上げ引き離しにかかる
そして、各部を展開し始め・・・
人形のロボットへと変形した
「うるせぇ!オートボットなんかに捕まってたまるか!!
これでもくらいやがれ!!」
ロボットは手にした銃で巨大宇宙船を射つ
『言うことを聞かないのであれば、こちらも強硬手段をとらせてもらおう』
巨大宇宙船は紙一重で避けると、各部を展開し銃やミサイルなどを露にした
それを見てロボットは船へと戻り、ビーム砲を射ちながら速度をさらに上げていく
それを見て巨大宇宙船もビーム砲で相殺し、ミサイルを放った
「ぐわっ!!
くっそ、やりやがったな!!!」
ミサイルは見事命中したが、船は残ったビーム砲で巨大船のジャイロセンサーを的確に撃ち抜いた
ダメージをうけ、制御を失った2つの船は、近くに浮かぶ青い星へと吸い込まれるように落ちていった・・・