読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニ四駆レーサー鉄のくだらない小説置き場@ヒカリアン命

ぼく、ミニ四駆レーサー鉄が書いたどうでもいい小説を投稿するブログ。必ずヒカリアンが乱入します

夢の(を追う/に住む/を繋ぐ)超特急

ヒカリアンステーションの車両整備室

ここでスター21編成の車両を整備していた

つはE351系特急電車、しかし普通のE351系とは違い、まるで救急車のように、純白のボディにピンクのラインが引いてあり

パトランプまで付いている

その隣に並んでいるのはE926型電気軌道総合試験車

通称イーストアイだ

そして、その奥に居るのが・・・

「スター、ここに居たのか」

「あ、のぞみ

もうすぐあずさちゃんと子供たちが来るって聞いてね、

ちゃんと整備してくれているとは知っていても、いてもたってもいられなくて」

「なるほどな

・・・ところで、この車両は

「初代E991系交直両用試験電車

俺と同じ試験車両さ

愛称は・・・」

スター21がそう言いかけたとき、空からつの光が現れ、それぞれの車両と融合した

ヒカリアンチェンジ

ヒカリアンチェンジ!!

「ちぇーん!!

「あずさちゃん

「久しぶりね、のぞみ」

「もーおとうさん

一人で地球に行っちゃうなんてひーどーいー!!

「ゴメンゴメン

でもアイ、お父さんが整備したから変なところとかはないだろ

「まーね~」

「紹介するよ、この人が俺たちの子供

こっちが娘のイーストアイで、こっちが・・・」

「の・・・ぞみ!?

「トライZ・・・!?

人はスターの説明を遮り、互いの名前を呼んだ

「あら、のぞみに紹介してたの

「いや、まだだけど・・・」

「すまない、人とも

以前私がブラッチャーの作戦で、夢を見続けさせられていたことがあっただろう

あの時に夢の世界で助けてくれた親友にそっくりだったんだ。」

「あの時、そんなことがあったのね・・・」

「そ、それなら仕方ないよな

はははは・・・」

どうかしたのかスター

「それが、あの子最近言葉を話すようになったんだけど、何でかっ回写真を見せただけののぞみの名前を最初にしゃべったのよ・・・

アイも最初は私のことを呼んだから、それがちょっとショックだったみたいで・・・」

「そ、そうだったのか・・・」

若干まっしろけ~になってるスター21を見て、のぞみはちょっと複雑な気持ちになる

「の、ぞ、み、のーぞーみー」

「どうしたんだトライZ」

「おーかーえーり

「・・・ありがとう、トライZ」