読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニ四駆レーサー鉄のくだらない小説置き場@ヒカリアン命

ぼく、ミニ四駆レーサー鉄が書いたどうでもいい小説を投稿するブログ。必ずヒカリアンが乱入します

記憶喪失

f:id:k_hirahara8-23:20150405145827p:plain

~プロローグ~

「オイル問題なし、空気バネも正常…と」
「922型20番台、サビはありませんでした!」
ある鉄道博物館に、300系新幹線0番台J2編成のヒカリアンと、一人の少年がいた。
ヒカリアンは言わずと知れた初代主人公、現ライトニングチーム隊長ののライトニングノゾミアンである。
もう一人の少年は、黒いタミヤマークの帽子にタミヤ保護ゴーグル、N700系の写真がプリントされたTシャツの上から黒い上着を着ている。
つい最近JHR九州支部から本部にやってきた少年隊員の工藤軽大(くどうけいた)といった。
「やっぱり、鉄道車両を思いっきりメンテするのは、大変ですけど楽しいですね。
でも、何で廃車になった車両をここまでメンテするんですか?」
軽大が聞いた
「ああ、実は今使われていない日本の列車の多くは、廃車にされずにJHRに集められているんだ、
いつ、どの車両のヒカリアンが地球に来ても大丈夫なようにな。
だから『廃車』というのは表向きだけで、いつヒカリアンと合体してもいいように、こうしてメンテしているんだ。」
「へぇ~、そうな・・・」
軽大が言いかけた時、
空から一筋の光が飛んできた。
それは、展示してあったMLX01-1と合体し、ヒカリアンに変形した、そして・・・
「うわ!『ライオソード』!!」
ガキン!

そのヒカリアンは、原型が分からないほどボロボロになった剣を振りかざし、なぜかノゾミに襲い掛かった。
ノゾミはそれをライオソードで受け止めたのだ。
「ぐぐ…、なんてパワーだ…!」
「本当に、展示してあった車両にヒカリアンが合体することがあるんですね!」
「感心している場合じゃないだろう・・・」
バキン!
ライオソードも、謎のヒカリアンの剣も折れてしまった。
しかし、まだなぞのヒカリアンは襲い掛かろうとしている。
「くっ!『ハンドソード!』」
ノゾミは昔使っていた武器、「ハンドソード」を手にし、先を謎のヒカリアンに向けてはなった
ガ!!
ハンドソードの先が謎のヒカリアンにぶつかり、謎のヒカリアンは倒れてしまった。
「なんだったんでしょうか?」
「とりあえず、このヒカリアンを基地に連れて帰ろう。」
その様子を観察する黒い影には、二人とも気づいてなかった。


~記憶喪失~

「うう…」
「気が付いたかい?」
「MLX-01さん、大丈夫ですか?」
ここはヒカリアンステーションの医務室、
前回の謎のヒカリアンは、あの後ノゾミに乗せられ、ここに連れてこられたのだ。
ここには今、ドクターと軽大がいる。
「えむえるえっくすぜろわん・・・」
「ああ、すみません、名前が分からなかったんで、体にしている車両の名前で呼ばせていただいたんです。
あなたの名前はなんていうんですか?」
「なまえ・・・」
「心配しなくていい、ここはヒカリアンステーション。
地球のヒカリアンの中心となる場所だ。」
「いや、そうじゃなくて、思い出せないんだ… 何もかも…」
「ああ~、なんだ、そういうっことだったんですか・・・                         え?」
「記憶喪失、ということか…」
「あの時のハンドソードが原因なのかな・・・」

軽大が言った時、
ウィィイン
「ドクターさん、彼の光エネルギーを調べましたが、一致するヒカリアンは見つかりませんでした…」
500系新幹線900番台W0編成のヒカリアン・ウインダッシュが入ってきた
「どういうことなんですか?」
「ああ、人間でいう、指紋認証のようなものをやったんだ。
そして、ヒカリアン星と連絡して、ウインダッシュに一致したエネルギーを探してもらったんだが…
一致したヒカリアンがいなかったということは、彼はヒカリアン星にはいなかったということになるが・・・」
「まさか、ヒカリアンじゃなくて実はブラッチャーだったとか・・・?」
「いえ、それは絶対にありません、彼のエネルギーは、純粋な光エネルギーでした。
「とりあえず、何か思い出せるまで、この基地にいればいい」
「なんだか、申し訳ない…」
「まあ、名前がないと不便だから、何か名前を付けませんか?
たとえば、列車名からそのまま『MLX-01』とか・・・」
「それはさすがに長すぎるのでは・・・」
「じゃあ、X‐01、でどうですかね?」
「えっくすぜろわん・・・、じゃあそれで」
その時、
『何か正体不明の車両がステーションに近づいています!』
暁美さんの放送が入った。
ドクター、ウインダッシュ、X‐01、軽大は指令室に向かった。
「ウ、ウソだろ・・・」
指令室には、ケンタくん、ウエスト、ノゾミ、ツバサ、暁美さん、笛太郎さん、時定さん、富士見本部長がいた。
モニターは、近づいてくる車両を映していた。
そこに映っていたのは、
ヒカリアンX!?」
まぎれもなく、以前自らの意志でヒカリ隊長に封印されたハズの古代戦闘超特急「ヒカリアンX」の鉄道車両形態だった・・・
「いえ!あれはヒカリアンではありません!今分析したところ、あの車両からは暗黒エネルギーしか感知できませんでした!」
「ということは、あれはシャドーX、光エネルギーが感知できないということは、まだ『ヒカリアンX』は完全に封印されているのか、それとも・・・」
ドクターが最悪の状況を予想したとき、
「ブラッチャールチェンジ・・・
 ブラッチャールイン・・・
 巨神デビルX・・・」
シャドーXの先頭部が分離し、変形したスフィンクスと合体してデビルXとなってしまった。
「暁美さん!」
「もう、ガルーダの出撃準備はできています。
『まもなく、スカイガルーダMK.Ⅱが発車いたします。
発車に伴い大きな衝撃波が発生しますので、黄色い線の外側でお待ちください。』」
ヒカリアンステーションの車庫から、東海道新幹線を想像させる青と白のツートンカラーの超大型航空機が出てきた。
そして、それは翼を大きく広げ、大空へ飛び立った。
ケンタとウエストは車庫へ向かい、すぐガルーダの発進した後から、500系新幹線W1編成が走って行った。
「ガルーダチェンジ!」
「ライトニングイン!」
「ライトニングガルーダMK.Ⅱ!!」
巨大航空機「スカイガルーダMK.Ⅱ」は、掛け声に合わせて変形し、たちまち超巨大ロボットとなった。
そして、500系の先頭部が分離し、強い光の中でデフォルメされ、超巨大ロボット「ガルーダフレームMK.Ⅱ」の中心部に合体し、
JHRがほこる戦略型格闘兵器「ライトニングガルーダMK.Ⅱが完成した。

「なあ、ドクター、またXを封印することはできねぇのか?」
「それは無理だ、あれはXが自ら望んだからできたこと、シャドーXであるあいつを封印するには、まずあいつを取り押さえる必要がある。
しかし、今までの戦いから考えて、それは非常に難しい…」
「とりあえず、今日のところはXを追い返す。
それから、みんなでXを封印する方法を考えるんだ。」
「よし!オレたちもガルーダをアシストしてくるぜ!」
「あの、それならオレも」
X-01が言った。
「お前は?」
「X-01さん、昨日会った記憶喪失のヒカリアンです。」
「記憶喪失なのか・・・、それより、手伝ってくれるのはありがたいが、君の武器は壊れているのだが…」
「それなんですが、ウエストさんはガルーダと合体していますし、ノゾミさんはスカイソードを使いますよね?」
「ああ、そのつもりだが・・・」
「だから、X-01さんはハンドソードとバードソードを使うっていうのはどうでしょうか?
あの時、剣を持っていないほうの腕も大きく動かしていましたし。」
「ウエスト、おまえのバードソードを借りてもいいか?」
「・・・あ、え?バードソード?うん、いいよ」
「よし、じゃあ、これを」
ノゾミはX-01にバードソードとハンドソードを渡した。
「ありがとうございます!」
「ではいくぞ!」
ノゾミ、ツバサ、X-01は外へ行った。
「・・・ところで、今日のガルーダ、いつもより素早くないか?」
ドクターが言ったとき
「あ、・・・あの、すいません!」
軽大がなぜか謝った
「へ?」
みんなぽかんとした顔になった。
「この間、ぼくが『染めQ』の技術を参考にして、手軽にフッ素コーティングができるようにした液体を、ガルーダの関節にぶちまけてしまったんです・・・」
「そ、そんなものを作っていたのか!?」
「しかし、それは大丈夫なんですか?」
「はい、この間ネオトライダガーのギヤとベアリングに塗って、36時間の耐久テストをしたんですが、
プラスチックを侵すどころか、強力なコーティングによってパーツを保護し、摩擦抵抗もかなり軽減されていました。
それにこのコーティングはとても耐久性が高く、動きの激しいカウンターギヤベアリングや、ピニオンギヤにも36時間ずっと継ぎ足さずに行けました」
「そうか、では、どこの関節にこぼしたんだ?」
「え?たしか、足全体だったと・・・?」
「よし、『ウエスト、ケンタ君、聞こえるか?今からガルーダの足のリミッターを解除する!』」
『「え?」』
今度は軽大とウエスト、ケンタが「ぽかん」とする番だった。
もちろん、ケンタとウエストは、ノゾミやツバサ、X-01がアシストしてくれているとはいえ、戦闘中のためあまり長くぽかんとしているわけにもいかなかったが・・・
「以前、ガルーダように高性能モーターを開発したのだが、出力があまりに大きく、従来の潤滑油ではすぐに摩擦熱で蒸発してしまうようなものだった。
効率も上がっているから、量産してガルーダに取り付けていたのだが、リミッターで出力を抑える必要があったんだ。」
「でも、ぼくのフッ素コートだったら、、そのモーターも全力を出せる、ということですか?」
「ああ、そういうことだ。
『リミッターを解除するが、二人とも準備はいいか?』」
『うん!』
『お願いします!』
「よし、」
ドクターはステーションの前に行き、ガルーダの設定画面に移動して、足に組み込まれているモーターのすべてを指定した。
「リミッター解除!」
ドクターは最後に出てきたコマンドの、「YES」のボタンを選び、クリックした。
すると、ガルーダの動きが一瞬止まり、ガルーダの各部にある溝から光が漏れた。
その光は、胴体から足にかけて広がり、足全体に届いたとき・・・
ガルーダが消えた。

いや、すごいスピードで動いたのだ。
『すごい!こんなスピードで動けるなんて!』
『それに、今までよりもエネルギーを使っていないよ!』
「うん、各部関節部の発熱も、これまでよりも低く抑えられている!」
「やった!ぼくの作ったのが役に立った!」
ガルーダはそのスピードのまま移動し、デビルXの後ろに立った。
「何・・・?!」
『「うおぉぉ!」』
ガルーダはデビルXをつかみ、体全体を動かしてデビルXを投げ上げた。
『よし、今だ!みんな!』
「おう!『ウイングシールド』!!
『ライトニング ウイング』!!!」
『「ライトニング ビックバン!!!」』
「パワーチャージ!
『パーフェクトスカイサンデー』!!!」
「うおおお!」
全員が必殺技を繰り出した。
X-01は、無意識に武器の持ち主の必殺技である「ライトニングバード」を放っていた。
「くっ、
ブラッチャールリターン・・・」
デビルXはまともに必殺技を受け、
分離してどこかへ逃げていった。

「やった!あのXに勝った!」
いつの間にか、ガルーダと分離したウエストが、ケンタといっしょにツバサたちの近くに来ていた。
「しっかしX-01って言ったけ?お前『ライトニングバード』できるんだな!?」
「ああ、何だか知らないけど、ウエスト君?、がこの技を使っているイメージが浮かんだんだ・・・」
「もしかして、記憶を失う前に、一度ウエストさんに会っている、とかなんでしょうか?
あれ、ケンタさんどうしたんですか?」
基地から軽大が出てきて、話に混ざっていた。
「うん・・・シャドーXとはいえ、Xを攻撃しちゃったから・・・
もう、ヒカリアンXに戻らないのかな…」
「それは、捕まえて調べてみるとかしないと・・・」
「今戦ってみて思ったんだが、それはちょっと無理じゃ…」
「いや、今のガルーダのスピードは尋常じゃなかった、それにX-01、今の戦いから測定したのだが、君の戦闘力はXに匹敵するかもしれない。
君の力と、現在のガルーダの性能をフルに生かすことができれば、シャドーXを捕まえることができるかもしれない。
だが、二人がガルーダの性能を完全に扱えるようになるにも、X-01が全力を出せるようになるにも、かなり時間がかかると思うが・・・」
ドクターが言った。
「そうなんですか!?じゃあ、フッ素コーティングももっと量産しないと!!」
「ぼくたちも、パワーアップしたガルーダを使いこなせるようにがんばるよ!
ね、ケンタくん!」
「うん!それでXを助けることができるなら!」
「あれ、X-01さん、どうかしたんですか?」
「あ、いや、何でもありません・・・」
(自分がウエスト君に一度会っているのだろうか?)
X-01はその時、自分の過去について、また自分が何者なのか考えていた・・・